NISHIKA SHOWTEN Blog

matukiyo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 29日

ケイロウカイ

暑すぎっす。
ちょっと遅めのお茶タイムで一息!

先日の日曜日のこと。

シマ(知名瀬)の公民館で敬老会がありました。
敬老会・・・文字どおり“老人を敬い、お祝いをする会?”です。
全国的には9月21日が敬老の日ですがシマではこの時期に行っています。

でっ、なぜか最近そういう会の司会をするはめに・・・
しかも当日に婦人会長のカ〇コ姉の命令で「キ〇シ、余興司会お願い」っち
基本的に人前苦手のしゃべりベタ、アドリブきかんし最悪です。
酔ったぐらいがちょうど良い感じ・・・
前の日の酔いが残っていたので大丈夫だったかい?

最初に保育所の園児のお遊戯に、小学生の島唄と可愛い孫達の演目に敬老者も大喜び。
※他舞踊などの写真は撮り忘れました。

f0223844_15142876.jpgでっ、婦人会長のカ〇コ姉、カ〇ミ姉、校長先生(知根小)と師匠の浜川昇さん(大和村出身の唄者)による島唄。

浜川昇さんの島唄はいつ聞いてもカッコいいです。

MCも最高!
f0223844_15242269.jpg次に、未来の青年団長セイシローによる“千の風になって”の熱唱!

敬老会にピッタリの選曲?
「私のお墓の前で泣かないで下さい・・・」

敬老者も涙を流して喜んでいました。
f0223844_1532340.jpg余興のトリは区長のジュ〇ジ兄によるカラオケ。

区長の歌より飛び入りのナ〇兄の傘踊りのほうがめだっていました。
ナ〇兄の傘踊りは毎回見ても飽きません。
手の動きと腰の動きが絶妙!
ナ〇兄最高!

でも、たまに傘を壊すので要注意!!
f0223844_15375065.jpg最後に、敬老者も交えてみんなで八月踊り。

近年、知名瀬では八月踊りの伝統の継承が危機的状況です。

今年度は気合を入れて毎週日曜日の夜に練習をしていますが・・・

まだ参加者が少ない状態です。
各集落の伝統の継承は、今一番奄美で大切なことだと思います。

みんなで協力して、次の世代に伝統を継承して行きましょう!
[PR]

by nishikashowten | 2010-06-29 15:54 | 島のこと


<< もうカエロウカイ?      ごるふ2 >>