2010年 10月 21日

自然の恐怖

こんばんは。

ご存知のとおり奄美大島は、記録的豪雨で大変なことになっています。

私の住む知名瀬集落も、ほとんどの家が床上、床下浸水の被害に遭いました。

断水は何とか解除されましたが、未だ停電の復旧は目処が立っていません。

私は今、会社(長浜町)の2階の姉の家で洗濯をするかたわら、1階の事務所にてパソコンに向かっています。

写真は、昨日の夕方と今朝の様子です。

2010年10月20日(昨日の夕方)
f0223844_18404046.jpg実家横の道路

満潮と重なり、まるで川?海?のようでした。
f0223844_18453732.jpg実家横の道路

これが、大潮の時だったらと考んがえると今でも鳥肌が立ちます。
f0223844_1847840.jpg店内部

住居近くの少し上がった陳列棚スペースです。

30cmぐらい浸水したと思います。
f0223844_184823100.jpg店内部

出入り口近くの低い冷蔵庫スペースです。

一番大きい冷蔵庫がなぎ倒されました。
たぶん膝上(50~60cm)まで浸水したのでは?

2010年10月21日(今朝)
f0223844_18525462.jpg実家横の道路

水が引いた様子です。
f0223844_18534670.jpg実家横の道路

他に比べたら実家の前は、まだ良いほうです。
f0223844_19152376.jpg堤防決壊

民家のすぐ横から撮影した様子です。
f0223844_19171478.jpg堤防決壊

知名瀬大橋から撮影した様子です。

約30mに渡って倒壊していると思います。


私の家と実家は、土地を高くしてあるため浸水被害は免れましたが、お店(西加商店)は道路高さに合わせているため膝上まで浸水し、大型冷蔵庫が倒され一部商品に被害がありました。

昨日の夕方から夜にかけて、川のような道路を集落のみんなで協力し、板付き船を使ってお年寄りなどの救出を行いました。

知名瀬集落では、家屋の被害はありましたが、人的被害がなく幸いだと思っています。

現在、他の地区で3名の方が亡くなられています。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

奄美地方では、22日の昼すぎから再び大気の状態が不安定になり、局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあるそうです。

まだまだ、気が抜けない状態です。
島のみなさん、川水の濁りや山からの水音など身の廻りの状態には十分注意して行きましょう!
[PR]

by nishikashowten | 2010-10-21 18:40 | 島のこと


<< 結の心      エコと建築士? >>