NISHIKA SHOWTEN Blog

matukiyo.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 29日

災害復旧とは

オハヨウゴザイマス057.gif

台風14号、今日の正午に奄美大島へ最接近。

と言うことで、朝一宇検村への仕事は取りやめっす!

昨晩、家で「明日、宇検に行きまいっちょや~」っち言ったら・・・
とぅじ(嫁さん)は何故?か笑顔037.gifで「行ったら帰れんかもネ」っち。

どう言うこと?

まっ、いいか?


話は変わりますが、本日の地元新聞紙面に“柳町火災現場で後片付け”と言う記事が掲載されていました。

f0223844_7382943.jpg市当局からの要請で、26日未明に発生した奄美市名瀬柳町町の火災現場の後片付けを県建築協会奄美支部(松元利道支部長:うちの社長)で行いました。
重機を使用し、プロの手によっての作業ですが台風接近で悪天候の中の作業は、危険も隣り合わせです。
災害復旧では、一般の方でもボランティア登録を行い、復旧作業に参加することが出来ます。ボランティア登録された方は、適材適所に配置されるそうです。
今回の豪雨災害では、危険な状態で緊急車両の通行の妨げになるにも関わらずボランティア活動(登録前)といって、住用や龍郷町、大和村方面に行かれた方もいるみたいです。
現場を指揮する方にとっては、二次災害への危険など大変迷惑な行為だと思います。
島のみんな誰しも、また知り合いがいるならなおさら“大丈夫かい?”“助けてあげたい”と思ったはずです。
好奇心か目立ちたいのか分かりませんが、良く考え大人の行動をしてほしいものです。
要請を受けるか、登録し指揮に従ってボランティア活動するのが最良です。

現場は“常に危険と隣り合わせ”それを肝に命じてほしい。
プロでさえ二次災害の巻き添えになる可能性もあるのだから・・・

正午には台風14号最接近です。
くれぐれも危険な行動は慎みましょう!

では、やれることから仕事頑張りますか?
[PR]

by nishikashowten | 2010-10-29 07:55 | 島のこと


<< 嵐を呼ぶ男      夏の思い出 >>