NISHIKA SHOWTEN Blog

matukiyo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 12日

H.N house(奄美市笠利町) -20110111

Projects / 嘉川設計 + 松元組
H.N house←最終案模型はここをクリック!(一部変更あり)

昨日のことですが・・・

2011年1月11日am9:00―木工事及び鉄骨?―
f0223844_10205248.jpg軸組及び下地組

12月26日に無事上棟式を終え、現在は軸組の金具締め及び確認、床下地組等を行っています。

本日より、アルミサッシ取り付けを行う予定です。
f0223844_10342559.jpg25tラフタークレーン?

建て方は終わっているのに何故クレーンが・・・
f0223844_10362795.jpg階段?

その正体は、鉄骨階段を屋根から入れるためです。

※開口部及び垂木は補強の上復旧してあります。
f0223844_1039511.jpgボルト締め!

1階の土台と2階の桁にボルト(コーチスクリュー)締めで固定します。
f0223844_1041469.jpg鉄骨階段建込み完了!

今回、鉄骨階段を採用したのは、階段下部に大型テレビスペースを設けるためです。

踏み板は、タモ集成材を取り付けます。

ちなみに、踏面(踏しろ・奥行)22.5cm蹴上(一段の高さ)18.75cmで納めています。
通常?蹴上は20cmが多いと思いますが、経験上少し高いように感じるので設計段階(嘉川設計)で20cm以下になるように考慮しています。

※参考までに階段の計算式 T(踏面) R(蹴上)
T+2R=57~63
22.5+(2×18.75)=57~63
22.5+37.5=57~63
60=57~63 ← 最適!


人体寸法・モデュールから考えられた方式です。

建築って奥が深いね~


そして図面は大切!

プランは基本だけど、ディテール(詳細)がしっかり画かれた図面がいいに決まってる。

図面は設計者の思い入れが詰まったもの・・・

造り手(施工者・職人)に伝わりやすいことが大事・・・

それが、良い家を建てるための基本。


巷では、チラシやら何やら・・・

“売ること”に執着するのではなく

“造ること”のプロとして

本質を忘れずに!

今日も、仕事頑張って行きましょう!!
[PR]

by nishikashowten | 2011-01-12 11:30 | 建築のこと


<< 悪魔のささやき      K.M house(奄美市名瀬... >>