NISHIKA SHOWTEN Blog

matukiyo.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 26日

読書音痴のよりどころ

おはようございます。

最近、少しづつ読書をするようになってきたボクにとって、良い場所が出来た。

いわゆる読書音痴にはありがたい場所。

以前の記事で紹介したwaltz(ワルツ)

店のひとkymが、キヨシ兄だったらこれがいいんじゃない?

そんな感じで進められた本。。。

f0223844_7515263.jpg大人失格
子供に生れてスミマセン
松尾スズキ


「私は大人だ」今、この日本でいったい何人の大人が、そう胸をはって言い切ることができるだろう。(中略)大人らしさとかでなくて。しがらみから独立した「大人」とういう素朴な生き物になること。私がもくろむのはそれだ。(本文より)話題の劇作家が、「子供失格」だった人から「大人と呼ばれたい」人々までに贈る爆笑エッセイ。

解説・山本直樹

※以上、引用です。
f0223844_7522199.jpgクワイエットルームへようこそ
松尾スズキ


恋人との大喧嘩の果て、薬の過剰摂取(オーバードーズ)で精神病院の閉鎖病棟に担ぎ込まれた明日香。そこで拒食・過色・虚言・自傷など、事情を抱えた患者やナースと出会う。普通と特別、正常と異常・・・境界線をさ迷う明日香がたどり着いた場所はどかこか?悲しくて笑うしかない、絶望から再生への14日間を描いた、第134回芥川賞候補作。

解説・枡野浩一

※以上、引用です。

だいぶ前に出版されたもので、2冊とも作家・演出家・俳優の松尾スズキ氏の作品(文庫本)です。

『大人失格』のどくとくの不思議感?、『クワイエットルームへようこそ』の男性が女性側にたって書いてあるのに自然な感じ?

すんなり、さらりと読めた2冊でした。

ボクの場合は、細切れの時間に読むようにしてます。
例えば、待ち合わせや信号待ち(たまに後ろからクラクション鳴らされる042.gif)の時に、信号待ちはおススメ出来ないけれど、ボクの場合は赤信号で得した気分を味わえるから気に入ってます。003.gif

また、新たに waltz で2冊購入。

古本なので、体に毒なタバコより安価、しかも心に良い。。。


待ち合わせと信号待ちが楽しみじゃ!


では、今日も仕事頑張って行きましょう!!

P.S.
『クワイエットルームへようこそ』映画もおススメです!
キャストも豪華!

まだ見てないけど・・・

ちゅうかDVDプレイヤー故障中007.gif

ドロンチョ?
[PR]

by nishikashowten | 2011-08-26 07:50 | 趣味とか


<< 続・語り継ぐこと、受け継ぐこと      あなたの笑顔 >>