2012年 11月 19日

奄美大島相撲選手権大会

こんばんちは?

昨日、伊仙町(徳之島)で、今年最後の公式戦“奄美大島相撲選手権大会”が開催されました。

f0223844_1727393.jpg


住用相撲クラブの子ども達の結果は以下の通りです。

未就学の部、マアルが横綱(優勝)!
コウシンとハルは、決勝トーナメントには上がれなかったけど、コウシンは予選リンクで粘っこい相撲で1勝、ハルは、この大きな大会で、堂々と土俵に上がっただけでも上出来です!

1年生の部、うちの次男タクミは1回戦敗退、いつものように悔し泣き・・・
でも、下から食らいつく自分の相撲が出来ていたので、あとは勝星が欲しいところ。この悔しさをバネに頑張れ!
ルカは、2回戦敗退。
でも、この大きな大会での1勝(1回戦)は大きな自信になるのでは?
とにかく相撲を好きになってほしいです!

3年生の部、リューセイ(住用相撲クラブ)が横綱(優勝)、ハヤト(朝日相撲クラブ)が大関(準優勝)、マナト(住用相撲クラブ)が関脇(3位)、セイハ(笠利相撲クラブ)が小結(4位)。
うちの長男ハルトは、残念ながら2回戦でセイハに勇み足で負けてしまいました。
相撲に勝って勝負に負けた・・・
土俵から降りて、嗚咽をあげながら泣いていました。
結果を残せず相当悔しかったと思うけど、負けは負け、この教訓を活かし、気持ちを新たに練習に励んでほしいです。

5年生の部、アキトは2回戦敗退。
でも、1回戦では終始攻めの相撲で完勝!
だいぶ自分の形が出来てきました。

6年生の部、キャプテンのカイユは1回戦敗退。
小学最後の大会で結果は残せなかったけど、3月の卒業まで皆を引っ張ってくれよ!
頼むよキャプテン!!


平成24年の住用相撲クラブの子ども達の戦い(試合)は、ひとまず終了。
来年5月の“わんぱく相撲大会”(←クリック!)まで、ひたすら練習です!

目標に向かって、マワシひとつで戦う子供たちは、本当にたくましい!

がんばれ相撲少年たちよ!


練習(稽古)は本番(本場所)の如く
本番は練習の如く

※双葉山の名言より。
[PR]

by nishikashowten | 2012-11-19 18:00 | 家族のこと


<< 青年団と一緒に八月踊りを踊って...      “シマの音楽文化を繋ぎたい” >>