2012年 11月 25日

久しぶりの映画鑑賞

こんにちは。

午後から、スティーヴ・エトーさんが音楽監修(奄美の自然音を取り入れたり)をしている“一遍上人”と言う映画を見てきました。061.gif



長男ハルトも行きたいというので連れて行きましたが(小学生以下無料ということもあり)、少し難しかったかな~なんて思っていたら、エンディングが『雨ニモ負ケズ』という曲で、最後に、にっこり笑って聞いていました。043.gif



「雨ニモマケズ」

宮沢賢治 作

雨にも負けず
風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫なからだをもち
慾はなく
決して怒らず
いつも静かに笑っている
一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを
自分を勘定に入れずに
よく見聞きし分かり
そして忘れず
野原の松の林の陰の
小さな萱ぶきの小屋にいて
東に病気の子供あれば
行って看病してやり
西に疲れた母あれば
行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば
行ってこわがらなくてもいいといい
北に喧嘩や訴訟があれば
つまらないからやめろといい
日照りの時は涙を流し
寒さの夏はおろおろ歩き
みんなにでくのぼーと呼ばれ
褒められもせず
苦にもされず
そういうものに
わたしは
なりたい



ハルトに、どのタイミングで宮沢賢治の『雨ニモマケズ』(←クリック!)を教えたかは忘れてしまったけど、今では気に入って暗記しています。
ハルトのおかげで、たまに僕の頭の中で詩がめぐります。


“一遍上人”そしてこの詩のようになるのは、並大抵なことではないけど、心のどこかに留めて置きたいなぁ~


何かと反省しきりですが042.gif・・・


では、また明日??
[PR]

by nishikashowten | 2012-11-25 17:30 | 家族のこと


<< ヴィヨンの妻と秋刀魚の塩焼き      “いいモノは繋ぎたい!” >>